おいしい!に出会う

水も空気もきれいな福光だから、この土地で作られるものが”おいしい”のはあたりまえ。

米菓

米菓

新大正もちやコシヒカリを原料とする上質の米と水で作られる米菓。福光に生産工場が3社あります。

地酒

地酒

佐々成政が槍でついて湧き出たと伝わる医王山の水に、地元の農家が育てた酒米で杜氏が醸した「成政酒造」の地酒。

火伏まんじゅう

火伏ひぶせまんじゅう

寛政3年2月22日の福光大火を忘れないためにと、菓子業者が作る、酒粕の香り豊かなふかっとした触感のまんじゅう。

富山干柿

富山干柿

秋から冬にかけて手間暇かけて作られる自然の甘味たっぷりの干柿。お茶請けや贈りもの、料理にも使われます。

かぶら寿し

かぶら寿司

カブと麹と魚(ブリ・サバ)でつくる体にやさしい発酵食。福光産の真っ白で大きなカブと芳醇な麹のハーモニーが絶妙。

麹

こうじ

石黒種麹店、法野麹店があり、石黒麹店は北陸でただ1軒、唯一種麹を販売している店。甘酒もおいしい!

どじょうのかばやき

どじょうのかばやき

福光でかばやきいうたらドジョウやちゃ。秘伝のタレにつけて焼いたかばやきはカルシウムもありうんまいぞ。